つわりが大変でした

7週目という早い時点で妊娠がわかり、その直後から半年間ずっと「つわり」に苦しめられました・・・。
職場でも少し前に妊娠した同僚が何人かいたのですが、つわりが辛いと言いながらも仕事には来れていたので、正直つわりに対してそんなに重く受け止めていなかったのです。

でもいざ自分がなってみると、尋常ではない苦しさでした。
よく耳にしてはいたのですが、正に「一日中船酔い」状態です・・・。
ドラキュラ!?のように光に当たるとくらくらするものですから、洗濯物も主人と自分のたった二人分の量なのに、時間かかったかわかりません。

それでもどうにか家事は頑張っていたのですが、夕食を作ろうと思い野菜は切ったものの炒めることができず、これが情けなくて泣きながら主人の帰りを待ったこともありました。
そして主人が帰宅して野菜炒めを作ってもらったこともありました。不慣れながら一生懸命作ってくれた姿は、今でも忘れられません。
妊娠線を気にする私に妊娠線予防クリームを買って来てくれたりと、、、、とても良い思い出です!

ひどい時期は歩くこともできなかったので、同じマンションの友達に買い物をお願いしたこともありました。
しかもその彼女も同じ出産予定月の妊婦さんでした。
またまた自分の情けなさで押しつぶされそうでしたが、友達のご主人ととても優しい方で、当時は私にもとても気を使って頂きました。

でも一番協力してもらったのは、やはり両親でした。
母も仕事をしていたのですが、夕方のご飯を作って届けてくれることもしばしばありました。
今は亡き母ですが、生前にあの時の感謝の気持ちを伝えられていたことは、今でも本当に良かったと実感しています。

ここまでのお話しでどんな悲惨な生活だったかはお察し頂けたと思うのですが、
当然食事は・・・と思われると思います。そうです、本当に食べられませんでした。
でも冬の時期だったので、イチゴは寝ながらつまんでいましたね。
後は、これはあちらこちらで聞くことなのですが、炭酸ジュースが無性に欲しくなりました。
少々お下品な話しになりますが、ゲップが胃をスッキリさせてくれる感覚。
もう一つはフライドポテト!!気持ち悪いのに揚げ物!?みたいな話しになるのですが、
何故が食べたくて食べたくて仕方ありませんでした。・・・ということはマクドナルド?って感じですね!

妊娠出産は女性にとっては本当に大変なことです。
時には色々なトラブルに見舞われることもあります。
でも是非周りの方々のお力をかりて乗り越えてほしいです。
がんばれ、妊婦さん!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です